将棋

2年間で
初段を目指す
将棋教室


ご訪問者数

本日   昨日

アクセス回数

本日   昨日



土浦将棋塾
熱戦将棋バトル
リブロック|土浦唯一のブロック教室
詰将棋検定
こども将棋はじめて教室

対局クラス、グループレッスンが増えました。
2019年4月から対局クラス、グループレッスンのクラスが増えてに受講しやすくなりました。新規ご入会者を募集しております。

本教室のタイムテーブル[2019年5月から7月]


開講スケージュール
*3月29日更新:
 4月から6月のスケジュールを更新しました。対局クラス、グループレッスンを新設します。
 コアタイムは年間42回、金曜日に実施することに決定しました。


*5月10日更新:
 5月からコアタイムは月1回、第四金曜日19:00から21:00となりました。6月からはリーグ戦と同時開催となります。





当教室の指導方針 将棋の特徴 100手先を読む 体験談のご紹介

レッスンのコースとクラス 教室の所在地 お月謝・レッスン回数
テキスト・教材  お振込み口座  大会・試験・発表会  講師紹介  運営者

レッスンの様子のご紹介(ブログ)




[スカイプレッスンを開始したい方]

スカイプレッスンに必要な器材  スカイプのインストール方法  ネット将棋盤の設定

[コアタイムに参加したい方]

ネット将棋盤の設定  対局をする  チャットする  サークルに入る  友達を登録する

[ネット大会に参加したい方]
ネット将棋盤の設定 大会参加方法 大会の対局を消化する

Q&A レッスンに関して良くあるご質問(特にスカイプやネット将棋に関して)


【当教室の特徴】

日本の伝統文化である将棋は、子供たちの思考力、判断力、集中力を高め、礼儀作法を習得し、コミュニケーション能力を伸ばす最高の教材です。 現代の子供たちが生きる時代は、コンピューターや人工知能の飛躍的な進歩により単純計算や記憶学習の価値は次第に薄れ、 「考える力」「創造する力」「先を読む力」といった高度な思考力が必要となってきます。 将棋を通じて、これからの厳しい時代をたくましく生きていく力を身につけてもらいたいです。

当将棋教室の特徴は以下の通りです。日本伝統の将棋に現代の教育理論のエッセンスを加えた、新しいスタイルの将棋教室です。 皆が笑顔で真剣に取り組む姿を多くの方に見て頂きたいです。

1、楽しさが育てる集中力
私どものレッスンでは毎回笑い溢れる楽しい雰囲気で、子供たちは伸び伸び生き生きと将棋を学んでいます。 そこには学習塾や進学塾のような殺伐とした空気や堅苦しさはありません。 子供たちは将棋を通じて考えることの楽しさを知ります。無心に盤面に没頭する時間は、時に苦しいこともありますが、 良い結果につながった時の充実感は格別です。この楽しさを繰り返し経験していくことで、自然に子供たちの集中力は成長していきます。

2、礼儀と姿勢
将棋を通じて子供たちは日本の伝統的な礼儀や所作を身に付けることができます。 まずは挨拶です。レッスンの開始と終了の挨拶だけでなく、対局1回1回全てに挨拶やお辞儀が求められます。 次に良い姿勢を作ることです。現代の子供たちは長時間のゲームで姿勢が崩れがちです。 正しい姿勢を覚えることで小さなお子さんでも長時間座っていることができます。 正しい姿勢は脳の機能を最大限発揮することにつながり、将棋だけでなく学業やスポーツにも良い成果をもたらしてくれることでしょう。

3、状況判断する力を磨く
将棋は状況判断を磨くことができる最高の教材です。将棋では、細かい駒の配置や組み合わせで、 攻撃力や守備力が大きく変化するので、1手指すごとに状況がめまぐるしく変わります。 子供たちは、その度に適切な状況判断が求められ、この連続した状況判断の機会が、子供たちの 状況判断力を成長させてくれます。 じゃんけんに例えれば、相手がグーを出したら、確実にパーが出せるかということです。 自分はチョキが得意だからといって、相手の戦法にかかわらずチョキを出しては 勝つことはできません。戦法や囲い、技の数よりも、状況に応じてそれらを適切に 使い分けるスキルを指導してまいります。

【将棋とは?】
将棋は日本の伝統文化として長く日本人に楽しまれてきた競技であり、昔の子供たちは将棋を通じてたくさんのことを学んできました。 テレビゲームの普及で失われたコミュニケーション能力や礼儀作法を学びながら、日本の良き伝統を継承し、子供たちの健やかな成長を導きます。

[ 将棋を通じて得られる様々な効果 ]
@将棋独自の「先を読む力」を身に付けることができます。
A子供たちの考える力(思考力、判断力、集中力等)を伸ばすことができます。
B挨拶や所作、言葉遣いなど日本の伝統的な礼儀作法が身につきます。
C1対1の競技性が子供たちのコミュニケーション能力を伸ばします。
D年長者と接する機会が増え、礼儀作法やコミュニケーション能力が自然に磨かれます。
E戦法や戦術、格言や手筋など無数の戦いのエッセンスを習得できます。

【先を読むとは?】
将棋を学ぶことで先を読む力を育てることができます。したがって私どもは将棋を競技ではなく教材と認識しています。

ここで改めて「先を読む」とは具体的にどのようなことなのかをご紹介します。以下の画像をご覧ください。この画像は詰将棋と呼ばれる 練習問題です。詰将棋は最後に王様をいかに捕まえるかという終盤の技術を磨くトレーニング方法です。



この図は詰将棋の中で1手詰めと呼ばれる簡単な問題です。 1手こちらが駒を打つか動かすかのいずれかをすれば相手の王様が逃げられず勝つことができます。 1手詰ができるようになれば、3手詰、5手詰、7手詰と手数が増えて難易度がどんどん上がります。

さて1手で勝てることは分かりましたが、その1手を考えなくてはなりません。これが読みです。持ち駒が飛車と角行の2枚を使って、 、王手ができる駒を考えてその手を検証します。
@角の場合、王手ができる場所に打てないので、使えません。1手の読み

飛車の場合、何箇所か王手できるので、それぞれを確認してみます。
AB1一飛と打つと、王様に取られて失敗。2手の読み。
C2一飛と打つことはできません。既に相手の駒がいる場所に新たに打つことはできません。1手の読み
DE4一飛と打つと、王様は1一には逃げられませんが、3二と歩を取って逃げることができるので、失敗です。2手の読み
FGそこで3一飛と打つと、飛車は歩に守られているので王様は飛車を取れず逃げるしかありません。 しかし味方の歩が邪魔して1一地点しか逃げ場所はありませんが、1一地点は飛車が利いているので、結局勝ちとなります。2手の読み
*上記の数字は盤の番地を示し、アラビア数字は左から1から9(筋と呼びます)、漢数字は上から一から 九(段と呼びます。)を示し、4五なら4筋目5段目の場所を指します。

これが具体的な読みの手順となり、合計8手の読みをしたことになります。通常1手詰めの場合、1から20手の読みが必要です。そして3手詰めは40手、 5手詰めは80手、7手詰は100手の読みが求められます。そして初段は9手詰めを解けるレベルで、7手詰はスラスラ解くことができますので、 1回指すために100手以上先を読んで指す力があります。 通常対局は100手で決着が付きますので、合計10000手の読み合いとなり、それぞれは5000手読むことになります。 1局につき5000手を読む力を2年で身につけようというのが当教室の目標です。

【体験談のご紹介】
沢山のお子様たちが楽しく将棋を学んでいます。どのような方が将棋を学んでいるのかご紹介します。 今後レッスンを受けてみたいと思われる方のご参考になれば幸いです。

@小学5年男子(つくば市)
初心者で入会し週2回9ヶ月の個人レッスンで、18級から3級に昇級しました。 現在は週1回の個人レッスンと週1回対局クラスで腕を磨いています。 毎月つくば市で開催する将棋大会、詰将棋検定にも参加して、大いにレッスンの成果を発揮してくれています。 将棋に熱中して意欲的に学ぶ姿は大変素晴らしく皆のお手本です。 読みがまだ浅く見切り発車が多いのが課題ですが、詰将棋の練習でそれを補う計画です。 ご親戚の強豪に勝つことを目標に設定し、夏休みに祖父と互角の結果で第1目標をクリアしました。 第2目標は正月に伯父に勝つことです。全力でサポートして必ず目標を達成したいと思います。

A小学5年男子(土浦市)
ボランティアで開いていた公民館の将棋教室に通っていた生徒さんです。 2018年6月で教室が終了してしまいましたが、その後夏休みに新たにスタートした対局クラスに来てくれました。 お父様の指導で1級まで実力を上げてきて、初段を目指しています。 彼は明るく楽しい性格で、年下の仲間にも大変優しく分け隔てなく接することができるムードメーカーですので、 また一緒に将棋ができ、成長を見守ることができるのがとても嬉しいです。 公民館時代は参加人数が多く、指導者が個別にレッスンする時間は皆無でしたが、現在の対局クラスでは少人数のため 個人レッスンをする時間が取れ、的確な指導を行うことができます。 また対局クラスでは12月末に曜日対抗戦を予定しており、彼には後輩達を指導して全体をレベルアップさせるよう課しています。 後輩に指導することで、自分自身の理解もさらに明確になり整理され、隙のない力が身についてきます。 初段になるためには実力も人格も共に成長する必要がありますが、彼なら年内初段を達成してくれると期待しています。

B幼稚園年中男子(牛久市)
公民館の将棋教室でお会いして、つくば市の大会やつくばカーサでのグループレッスンに参加して頂いたことが きっかけで対局クラスに通うことになりました。 見た目は可愛い4歳の幼稚園生ですが、将棋が始まると厳しい手が次々に繰り出されてくるので皆さん大変驚かれます。 現在9級ですから、未経験の大人の方ではまず勝つことができないレベルです。 まだ文字が読めないので、板書が中心のグループレッスンは難しく、対局クラスで実戦を中心に学んでいます。 しばらくすると小学生の仲間たちが板書をしているのを羨ましく思ったのか、お母様の手作りの将棋盤とシールを 作ってもらい、一緒に座学も受けるようになりました。 これからは必要なことは講師がノートに代筆してあげて、一緒にオリジナルの教科書を作り上げていきたいです。 未就学児でもやり方次第では楽しく将棋を覚えることができますので、お気軽にご相談ください。

C小学2年女子(つくば市)
ご家族から少し将棋を教わった段階から個人レッスンに通うようになりました。 いろいろな戦法や囲いを知っているので時々驚かされます。 彼女は負けず嫌いの性格なので、他の友達と実戦する前に着実に力をつけようというプランで指導が始まりました。 いよいよ一通りの知識がついて、つくば市の大会に参加しましたが結果は伴わず少し気持ちが下がってしまいました。 しかしこの挫折は誰しも経験する実戦の壁ですから、ぶつかって跳ね返されるのは想定内の結果です。 ここからどう気持ちを立て直して、その壁を乗り越えさせるかが指導者の腕の見せ所です。 実際には個人レッスンから対局クラスに切り替えて、仲間達との実戦を交えながら知識をどうやって実戦に生かすかを指導しています。 対局クラスに切り替えてから2回目で早くもその成果が出て、勝ち星が増え、結果11級に合格することができました。 本人もとても嬉しいそうで、可愛い笑顔を見せてくれました。 この壁を乗り越えた経験があれば、また次の壁にぶつかってもたくましく乗り越えてくれると思います。 将棋を通じて素晴らしい経験をしてくれたことは指導者冥利につきます。これからも一緒に頑張りましょう。

D小学2年男子(牛久市)
将棋が大好きでつくば市の将棋大会に出場して頂くようになり、もっと上手になりたいと将棋教室に通うようになりました。 週1回の個人レッスンで9ヶ月18級から10級に昇級しました。こちらの教室では10級から5級を中級者として位置付けています。 このレベルになると得意の戦法を決めて、より専門的な知識を学びます。 中級者になるとご両親が相手にならないレベルですので、普段の生活で将棋を指す機会が減ってしまいます。 そこで9月からは対局クラスに編入して、知識と実戦の両輪を磨いています。 目標は12月までに3級と高い目標を設定しています。攻めが大好きなので、今後は守りを指導して目標を達成できるように指導していきます。
【レッスンのコースとクラス】

レッスンにコースとクラスの二つの要素が構成されています。コースはレッスンの指導内容のことで生徒の実力別に6つに分類されています。 クラスはレッスン形式のことで個人レッスン、グループレッスン、対局クラス、スカイプレッスン、未就学児クラスの5つに分かれます。


【コース】
コース名称 対象 指導目的 指導内容 講師
1 三段育成コース 二段〜初段 小学生県代表育成。
三段昇級。
速度計算、駒組制約、裏打ち、速度計算等 三段以上
2 上級者コース 1〜4級 小学生市代表育成。
初段昇級。
歩の手筋、大駒交換、駒効率、受けの手筋等 初段以上
3 中級者コース 5〜10級 小学生市大会出場。
4級昇級。
手番、必死、さばき、囲い、格言等 1級以上
4 初級者コース 11〜14級 個別技術の強化。
10級昇級。
棒銀、囲い、持ち駒、定跡等 4級以上
5 初心者コース 15〜18級
初心者(小学生以上)
戦いの基本習得。
14級昇級。
駒組、棋譜、数の攻め、金の手筋等 10級以上
6 はじめてコース 19〜21級
未経験者(3から6歳)
将棋に慣れ親しむ。
18級昇級。
駒の知識全般(種類、動き、価値、進化等)。 14級以上

【クラス】
クラス名称 対象 指導方法 1コマ時間
1 未就学児クラス 初心者・はじめてコース 未就学児に特化したクラスです。楽しく遊びながら約1年で本将棋をさせるようになることが目標です。 50分
2 グループレッスン 中級者コースからはじめてコース 定員10名の少人数で、講義主体で行います。 50分
3 対局クラス 上級者コースから初級者コース 4から10名の少人数で、講義30%対局70%の配分で行います。 90分
4 コアタイム
上級者コース
中級者コース(7級以上)
普段は曜日で分かれている生徒たちが一同に介して実戦経験を積みます。 オンライン将棋道場を活用します。 120分
5 スカイプクラス 全コース テレビ電話(マイクのみ、カメラ不要)を使用した1対1のレッスン。ご自宅で個人レッスンが受けられます。 50分
6 個人レッスン 中級者コース以上 対面式の1対1のレッスンです。指導場所は本教室、講師宅、生徒宅のいずれかを選ぶことができます。 50分
7 ブロック教室
(特別講座)
初心者・はじめてコース ブロックを使用した特別講座。創造力や手先の感覚を育てる人気のプログラムです。詳細はこちらをご参照ください。 50分
8 電車教室
(特別講座)
初心者・はじめてコース 電車の模型や玩具を使用した特別講座。電車を通じて幅広い知識の習得や図形や立体感覚を育てるカリキュラムをご用意しております。 50分

・コースとクラスは初回の体験レッスン(ガイダンス)で決定します。知識と実技の試験を行い、級位判定によりコースが決まります。 級位は上達の目安になる大切な指標であり、生徒さんは昇級を目指すことが学習の励みとなります。

・昇級は定期的に実技と筆記の試験を行い、その結果を元に判断します。一般的な将棋教室では実技が重視されますが、 本教室では実技と筆記の2つの判定基準を設けていることが特徴です。 実技に偏重するとどうしても知識のムラが生じますので、包括的な知識の修得で長期的かつ継続的な成長を導きます。

・級位判定は講師共通の評価基準を設けております。詳細はこちらをご参照下さい。 級位判定表

・対局クラスは、実戦経験を積むために行います。棋力の様々な生徒さんが一緒に対局しますので、 駒落ちと言われる将棋独特のハンディキャップを採用します。 このシステムにより実力差があっても共に学びがある対局となります。

・コアタイムは対局クラスのオンライン版です。普段会う機会のない生徒同士がネット上で行うので距離や場所の制約がありません。オンラインシステムは81道場(エイティーワン)を使用します。ダウンロードは無料です。操作方法は事前の保護者様に講師からガイダンスを行います。ガイダンスの所要時間は約1時間です。

・スカイプクラスは、テレビ電話を活用してご自宅でレッスンが受けられる形式です。保護者様の送迎の負担がなく、遠方の方にも受講して頂ける画期的なシステムです。講師の自宅のパソコンの画面を生徒のパソコン画面やタブレット画面に表示して指導を行います。スカイプを使用しますのでカメラは不要です。会話のためのヘッドセット(マイクとヘッドホン)は無料で貸し出ししますし、パソコンの初期設定は無料でご自宅に伺って実施しますので、未経験者の方でも気軽にスタートすることができます。

・未就学児クラスは、文字通り未就学児に特化したクラスです。漢字の読み書きがままならない子供たちが大人のように将棋を指す姿は周囲に大変驚かれます。これを1年たらずで実現してしまおうというのがこのクラスの目標です。未就学児向けの専用教材を活用した楽しいレッスンを行います。「またやりたい。」「次はいつなの?」と子供たちが目をキラキラさせて楽しんでくれるようなレッスンです。少人数制なので一人一人にきめの細かい指導をお約束致します。

当教室では単に将棋の実力を伸ばすことだけを目的としておりません。将棋を学問的に学び、そこから得たものを様々な分野に応用できるような成長が得られるよう指導してまいります。例えば、目標設定とそれに対するアプローチ、時間の使い方、記録の付け方、教材の選択方法、自己分析等です。学校教育に共通する要素も多く含まれておりますので、将棋を通じて学業の向上も期待できます。

【教室の所在地】

@本教室
国道6号線から車で約2分、常磐道桜土浦インターから車で約5分の好立地です。


〒300-0816 土浦市永国東町7-13
土浦将棋事務局内







A放課後教室(グループレッスン)
土浦市、つくば市、牛久市、かすみがうら市、稲敷郡など土浦市近隣エリア

講師が学校や幼稚園を定期的に訪問して、将棋教室を開校することも可能です。 ご利用シーンとしては@学校施設内で放課後に教室を開くA保育園で保育時間内に教室を開くB病院の小児科病棟で教室を開くなどを想定しております。 将棋の競技性が評価されれば、将棋を学校教育に取り入れられることも夢ではありません。 できるだけ多くの子供たちに将棋を通じて成長してもらいたいです。


B講師派遣(個人レッスン)
土浦市、つくば市、牛久市、かすみがうら市、稲敷郡など土浦市近隣エリア

講師がご自宅に伺って指導する訪問形式の指導も可能です。 ご相談次第では、ご自宅ではなくマンションのラウンジや近隣の喫茶店、ファミレスなどで指導することも可能です。 また予め講師の了解が必要となりますが、講師の自宅に通う通学形式の指導も実施可能です。お申込の際に指導場所については確認させて頂きます。

【料金・レッスン回数】
・当教室は月謝制となります。前月25日までに翌月分を指定口座にお振込み頂きます。 誠に申し訳ありませんが振込手数料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。

・入会金は初回の月謝と合わせてのお支払いとなります。 尚、ご入会者には「熱戦将棋バトル」「詰将棋検定」の参加費が割引となります。

・月謝等のお支払いは指定口座への振込みでお願い致します。 現金支払いは、授受管理やお釣りの準備など講師の作業負担が増えたり、指導時間の短縮を招くため実施しておりません。予めご了承ください。

・体験レッスンの料金は事前にお振込を頂くか、当日現金でお持ちください。

・レッスン回数は、週1回ペースで年間で合計42回(月3.5回)実施し、指導日数が3日間の月(1、3、5、8、10、12月)と 4日間の月(2、4、6、7、9、11月)に分かれます。 祝日はお休みとなりますので、別の週に振替となります。
[2019年2月12日追記]平日の対局クラスは年間48回(月4回)で実施しておりましたが、同年4月から平日クラスも年間42回とさせて頂くことになりました。今年は大型連休(ゴールデンウィーク)や祝日等の振替、インフルエンザ等の突発的なお休みの振替が困難で、年間48回の指導をお約束することが難しい状況です。ご迷惑をおかけしますが何卒ご理解を頂きたくお願い致します。

・お休みの場合は、原則同月内で振替可能です。レッスンの準備の都合上、振替のご連絡は前日までにお願い致します。振替の際に現在受講中のクラス以外のクラスにも振替可能です。例えば対局レッスンの振替をグループレッスンに振り返ることができます。

・長期連休等で長期にお休みする場合には休会扱いとなります。休会時の月謝は正規料金の50%となります。一度退会すると新たに 入会金が発生致します。
[入会金(税別)]
3,000円 全コース共通

[指導料(税別)]
コース名称 個人レッスン
50分
グループレッスン
50分
対局クラス
90分
スカイプレッスン
50分
三段育成コース 10,000円 - 10,000円 -
上級者コース 8,000円 8,000円 8,000円 -
中級者コース - 6,000円 6,000円 6,000円
初級者コース - 5,000円 5,000円 5,000円
初心者コース - 4,000円 4,000円 4,000円
はじめてコース - 3,000円 3,000円 3,000円

[コアタイム]
オンライン対局クラス
無料(2019年12月末まで) 試行期間のための暫定措置。

[テキスト代]
プリント A4版 月8ページ程度
月額200円(税込) 全コース共通

[体験レッスン・ガイダンス]
1,000円(税込)
全コース共通 入会金不要
・スカイプレッスンをご希望の場合、本教室か生徒宅のどちらで実施するかお選び頂けます。

[スカイプレッスン設定(出張)]
土浦市、つくば市、牛久市など近隣市町村は無料。
*本教室から片道30kmを超える場合は別途ご相談。
全コース共通 体験レッスンまたはガイダンスと同時に実施。
ID登録、ソフトインストール、テスト通話等

[ヘッドセット(ヘッドホン&マイク)]
スカイプレッスン用
無料貸与(2019年12月末まで) キャンペーン期間

[出張費(税別)](訪問指導のみ)
月額2,000円 全コース共通

[交通費](訪問指導のみ)
実費(算出基準は以下) 全コース共通
・公共交通機関を利用する場合の交通費は、初回に経路を確認して金額を決定します。
・自家用車を利用する場合は、ガソリン代は1km当り10円を算出の基準価格とします。

【テキスト・教材】

・テキストはオリジナルのテキストを使用します。A4サイズのプリントですので、2つ穴のファイルをご準備ください。

[テキストサンプル]
 

・自宅学習用に詰将棋の本を1冊ご用意頂きます。当教室の推奨の本(定価950円税別)をご購入頂くか、お手元に既に購入したものがあれば それを初回のレッスン時にお持ちください。

357手実戦型詰将棋
ISBN978-4-262-10131-6
2014年初版
対象:はじめて、初心者、
書き込み:あり
汚れ:あり
折り目:あり
落丁:なし
破れ:なし
タグ付箋:なし
定価950円

・ノートは、当教室がオリジナルでデザインした専用ものを使用します。1冊税込500円です。初回に購入をお願いしております。


・他には筆記用具や飲み物をご持参ください。
【大会・試験・発表会】
@大会:

日頃の勉強の成果を発揮する場として、熱戦将棋バトルという将棋大会を定期的に開催しております。当教室の生徒さん以外にも外部からの 参加も可能な大会で周辺の子供たちが沢山集まる賑やかな大会です。当教室では14級以上を参加条件としております。 詳細は公式サイトをご確認ください。

A試験:

当教室では詰将棋を重視しています。詰将棋の技術が不足していると 講義でいくら知識を積み上げても実戦で良い結果を出すことはできません。そこで詰将棋検定という試験を定期的に受験することで、 目標の級位に十分な詰将棋の実力が伴っているかを判定します。また試験があることで詰将棋の勉強を習慣化する狙いもあります。 詳細は公式サイトをご確認ください。

B発表会:

子供たちの日頃の学習の成果を保護者の皆様に見て頂く機会として、発表会を開催しております。発表会の運営は子供たちが主体となって実施します。

2018年度参加申込書  2018年度発表会プログラム  発表会当日の様子

【講師紹介】

こちらでご紹介する講師は主に出張レッスンを担当して頂いております。将棋の実力や指導力は言うまでもありませんが、 人格的にも素晴らしく、子供たちの好きお手本となって下さる方々です。またカリキュラムや指導内容、指導の成果等は本部で 集約し、日々研究や改良を継続しております。

講師名大坂先生 40歳代 男性
棋力アマ4段 平成8年1月日本将棋連盟認定
棋風振り飛車党。得意戦法は四間飛車美濃囲い
指導コース中級者コース、上級者コース、三段育成コース
指導日@月曜日10:00〜19:00
A金曜日10:00〜19:00
B土曜日10:00〜19:00
指導場所講師在住マンションの共用部ラウンジ(つくば市コストコ至近)
駐車場有り(有料) 送迎のみなら無料停車可
補足秋田県中学生名人、秋田県高校生竜王、高校将棋選手権県代表等

講師名吉沼先生 30歳代 男性
棋力アマ2段 将棋アプリ将棋ウォーズ(平成30年5月時点)
棋風振り飛車党。得意戦法は角交換四間飛車
指導コース初級者コース、中級者コース、上級者コース
指導日@土曜日10:00〜19:00
A日曜日10:00〜19:00
指導場所出張のみ(ご自宅はつくば市筑穂)
駐車場車通勤
補足特になし。

現在、講師を募集しております。生徒の棋力は様々で初心者の方も多くいらっしゃいますので、 アマ4級以上の棋力があれば講師登録は可能です。未就学児の指導は棋力よりも保育や育児の経験が生かされるので、 女性講師も広く募集しております。また高校生や大学生の講師も募集しております。学生になると将棋から 離れてしまう方が多いので講師という仕事が将棋を続けるきっかけになれば嬉しい限りです。

棋力の判定は、@日本将棋連盟の免状Aネット将棋の級位(アカウントの提示要) B面接時の棋力判定Cその他棋力を証明できる大会の賞状等などで確認します。将棋を指す人を増やしたい、 将棋を子供たちに指導してみたいというお気持ちがある方はお気軽に相談ください。 年齢制限は16歳以上であることです。お申込は事務局宛にメールでお願い致します。

【運営者】
土浦将棋塾 本教室
〒300-0816 茨城県土浦市永国東町7-13
E-mail tsuchiura_shogi@ogijii.jp
URL http://ogijii.jp/shogi/shogi_privatelesson.html


【スカイプレッスン設定マニュアル】
スカイプクラスを受講するための器材は以下の4つのみです。
 @パソコンやタブレット(ご自宅のものを活用。新規購入不要。)
 Aヘッドセット(ヘッドホンとマイク)(無料貸与)
 Bスカイプ(無料。インストール、初期設定の出張サービス無料。)
 Cオンライン対局場「81道場」(無料。インストール、初期設定の出張サービス、操作ガイダンス無料)
 (注)カメラは不要です。指導者と画面を共有して、音声でレッスンを行います。

スカイプレッスンを受講するためにはマイクロソフト社のスカイプをお手元のパソコンやタブレットにインストールして、アカウントを登録する必要があります。手順は以下の通りです。

[1]スカイプのインストール方法

@Googleで「スカイプ」を検索します。


A検索結果のトップの「Skypeをダウンロード」を選択します。


Bこのページからスカイプをダウンロードします。


Cスカイプをダウンロードできましたので、インストールを実施してください。


[2]スカイプのアカウントを取得する。

@スカイプをインストールした後にスカイプを開くと、次の画面が表示されます。「作成」をクリックします。


Aメールアドレスを入力して、「次へ」をクリックします。


B入力したメールアドレスが表示されたら、パスワードを作成します。


Cお名前を入力します。実名で登録して頂くと検索が容易になります。


Dお名前の入力が完了したら、「次へ」をクリックします。


E登録したメールアドレスにマイクロソフト社からメールが届きます。そのメールに書かれたコードを入力すると、登録が完了します。


F再度スカイプを開くと、登録したアカウントが表示されます。


Gご自分のアカウントを選択すると、次の画面が表示されて設定完了となります。


Hアカウントが登録できましたら、登録したお名前を本部宛にお知らせください。これで登録作業は完了となります。
目次に戻る

【オンライン将棋ソフト設定】

オンラインレッスン用のソフトウェアとして「81道場」(エイティーワンどうじょう)を使用します。「81道場」は無料のオンライン将棋対局場です。駒落ち戦もできますし、感想戦機能も充実しておりますので、対面レッスンと同じ感覚で指導ができます。さらに過去の棋譜を検索したりダウンロードして保存できるので、教材として活用できます。

「81道場」を使用するためにはこちらをクリックして、アカウントの登録作業を実施してください。クリックしてもホームページが開かない場合は以下の手順に従い作業を進めてください。

[1]インターネットで「81道場」を検索する。

@Googleで「81道場」を検索します。


A検索結果のトップの「https://81dojo.com/jp/」を選択します。


B以下のページが開けば検索成功です。


[2]「81道場」でアカウントを取る。

@「81道場」のページを開き、道場入り口をクリックする。


A新規の場合はメールアドレスを入力してアカウントを設定します。ハンドルネームはご自由に設定ください。

Bアカウントを登録するとメールアドレスに本人認証のメールが届きますので、そちらで承認するとログインができるようになります。

Cアカウントが登録できましたら、登録したハンドルネームを本部宛にお知らせください。

[3]「81道場」で対局する。

@「81道場」のページを開き、道場入り口をクリックする。


Aハンドルネームとパスワードを入力してログインします。


@ログインすると以下の画面が表示されます。対局するためには「新規対局」の作成が必要です。「新規対局」とは持ち時間やルールを決めた対局条件です。それを作成するために 「対局待」をクリックします。


A「対局待ち」クリックすると「新規対局の作成」という新しいウィンドウが開きますので、待ち時間等のルールを決めて、「OK」をクリックします。


B「OK」をクリックすると「対局待ちプレイヤー」に自分のハンドルネームが表示されれば対局準備完了です。


C準備が整いましたので対局をしますが、2つの方法があります。一つ目は、「対局待ちプレイヤー」に表示されたハンドルネームをクリックして対局を挑戦する方法です。二つ目は相手の挑戦を受ける方法です。「対局待ちプレイヤー」に自分のハンドルネームが表示されると不特定多数の方から対局の依頼の通知がきますので、承認ボタンをクリックすれば対局ができます。

D将棋盤が表示されて指導対局がスタートします。

Eオンラインレッスンは講師と事前に相談して時間やルールの設定を行ってください。駒落ちの場合、新規対局を作成したプレイヤーが上手(駒の少ない側)となりますので講師が新規対局を作成します。

[4]「81道場」でチャットをする。

@ロビー画面を開きます。まずチャットは@の欄に書き込んではいけません。もし書き込むと、Aのウィンドウに表示されて、ログインしている全ての人に見られてしまいます。

*画像はクリックすると拡大表示されます。

Aそこでまずチャットしたい相手のハンドルネームを選んでください。対象のハンドルネームをクリックすると、その人のプロフィールBとチャットボタンが表示されます。

*画像はクリックすると拡大表示されます。

Bチャットボタンを押すと、新しいウィンドウが表示され、Cの欄にメッセージを入力してください。入力して送信するとDに表示されます。こちらが青色、相手が赤色でメッセージが表示されます。画像はクリックすると拡大します。
 PMが届くと、鈴の音が鳴って着信を教えてくれますので、その音が聞こえたらDのウィンドウを確認してみてください。

*画像はクリックすると拡大表示されます。


[5]「81道場」でサークルに入る。

@ロビー画面でグループで対局する場合、同じサークルに入っておくとお互いが見つけやすくなります。フォローと違って個別にハンドルネームを聞いて登録する手間が省けます。当教室でコアタイム実施の際には、あらかじめサークルを作っておきますのでサークル名を確認しておいてください。

Aロビー画面で地球マークをクリックして、「サークル」を選んでください。

*画像はクリックすると拡大表示されます。

Bご希望のサークル名を探してクリックしてください。

*画像はクリックすると拡大表示されます。

Cサークルに参加を申請します。

Dサークルの主催者が承認処理を行うとサークルに入会できます。承認されるとロビー画面で同じサークルのメンバーのハンドルネームの前にマークがつきます。

[7]「81道場」の大会に参加申請する。

@ログイン後の画面で地球マークをクリックして、大会を選びます。


A大会一覧から参加する大会をクリックします。「熱戦将棋バトル」が私どもの主催する大会となります。


B大会の詳細が表示されますので、「参加申請」ボタンをクリックしてください。「参加申請」ボタンをクリックすると、主催者に申請データが送信されます。


C主催者が申請を承認すると、メールで通知が届きます。また大会情報の対戦表にご自分のハンドルネームが追加されれば参加登録完了です。

[6]「81道場」で友達に目印を付ける。

@ロビー画面で友達を見つけやすくする方法があります。事前に友達からハンドルネームを聞いておいてください。

Aロビー画面で地球マークをクリックして、「ユーザー情報検索」を選んでください。


B友達のハンドルネームを入力して検索してください。


C検索結果から友達のハンドルネームを選んでください。


D友達のプレイヤー情報が出力されたら「フォローする」ボタンを押してください。これでロビー画面でハンドルネームの前にマークがつきます。



[8]「81道場」の参加大会の対局を消化する。

@ログイン後の画面で新規対局を作ります。「対局待ち」クリックしてください。


A「新規対局の作成」という新しいウィンドウが開きますので、「特別対局室」を選び、参加大会の名前を選びます。


B対局待ちプレイヤーにご自分のハンドルネームが表示されます。ルールの欄に赤字で大会名称が表示されれば成功です。この状態は「私はこの大会に参加しているので、誰か対局をしましょう。」と手を挙げたことになります。


C大会の対局を消化する方法は2つあります。ひとつは同じく手を挙げているハンドルネームに挑戦する方法です。相手のハンドルネームを選んで挑戦してください。

Dふたつめは手を挙げていないプレイヤーに挑戦する方法です。ロビーにいる同じ大会参加者(まだ手を挙げていないプレイヤー)のハンドルネームを選んで挑戦してください。

D自分がログインした時に他の大会参加者がログインしているかどうかはログインプレイヤーの一覧を見れば分かります。参加者のハンドルネームの頭に赤星マークがつきます。対局を挑戦して、相手の承諾してくれれば対局が始まります。


目次に戻る

【良くあるご質問(特にスカイプやネット将棋に関して)】

Q、小学5年生の未経験者でも対局クラスを受講することは可能でしょうか。

A、可能ですが、ガイダンスでお子様のご様子を確認してから最終的に判断します。対局クラスでは講義の時間が限られているので、お子様によってはまずは講義でじっくり知識固めを必要とする場合もあります。小学5年生であれば、理解力もありますので対局クラスからのスタートも可能です。

Q、スカイプレッスンではカメラを使用しますか。部屋が片付いていないことが多くて、恥ずかしいです。

A、カメラは使用しませんのでご安心ください。スカイプの音声通話と画面共有機能を使用します。

Q、スカイプレッスンを始める場合の器材はやはり高価なのでしょうか。必要な器材の名前やお勧めのメーカや型番を教えてください。

A、スカイプレッスンにはパソコンとヘッドセット(マイク付きのヘッドホン)のみを使用します。ヘッドセットは1000円前後で購入できます。本教室で使用している商品は、エレコム社のHS-HP22SVです。2018年に税込み1026円で購入しました。ipadやタブレット、スマートホンの場合、はじめから音声機能があるので、ヘッドセットの購入の必要はありません。

Q、ネット将棋を始めることに不安があります。子供がネット将棋にはまり過ぎて中毒のようになってしまうことはないのでしょうか。

A、当教室で使用する81道場は対局履歴が見られますので、お子様がいつ誰と対局したか保護者が常時確認することができます。事前にお子様と1日の局数を決めて(お勧めは3局です)はじめられるようお願い致します。1日1時間といった形で時間で決めるのはお勧めできません。1局の時間は相手によって大幅に変動します。

Q、ネット将棋を使用する目的は何ですか。対面では得られないものがありますか。

A、当教室でネット将棋を活用する目的は2つです。ひとつは対局の機会を増やすことです。ネットでは普段指す事のできない相手と対局できるので、より多くの実戦経験を積むことができます。もうひとつは指導内容の充実です。81道場には対局結果(棋譜と言います)を蓄積する機能があり、後日講師がそれを確認することができます。これは非常に大きいことで、対面では1手1手の記録を残しながら指導することはできません。記録が次回の指導の教材となり、理解不足な点を的確に補う指導につながります。

Q、81道場でコアタイムにログインしてみましたが、初期画面でどのハンドルネームの方が同じコアタイムの参加者か分かりません。

A、コアタイムに参加される場合、アカウントを取得してログインができるようになった後にひとつ追加の作業が必要です。81道場にはサークルという機能があり、それを活用します。サークル一覧から「くまちゃんず」というサークルを選んで、参加申請をお願いします。申請が受理して入会すると、初期画面の表示が変わり、同じサークルのメンバーにはハンドルネームの頭に緑のリングマークが表示されます。その方がコアタイム参加者となります。入会手順はこちらです。

Q、スカイプのアカウント名が分かりません。どうしたら分かりますか。

A、現在スカイプを開いて表示された画面を写真に撮ってメールで送ってください。(その後、写真を見て即解決できました。)画像を見せて頂くと、こちらも状況が良く分かりますのですぐに解決できます。

目次に戻る